子猫ちゃんを むかえたら・・・

★生後2か月を過ぎたら、1回目のワクチンをうってあげましょう。
体調の良い時に、お連れ下さい。
(※吐き気、下痢、元気・食欲の低下などが見られるときは接種できません。)

★同時に検便をおすすめします。
少量のウンチを一緒に持参してください。

★また、すでに先住の猫ちゃんがいる場合には、猫エイズ・猫白血病の検査(血液検査)をおすすめします。

 ※猫エイズ・猫白血病・・・たまに母子感染で生まれつき感染してしまっていることもあります。接触や、食器・トイレの共有で感染してしまうので注意が必要です。検査結果が出るまで、他の子との接触は控えたほうが安心です。

 かわいいネコちゃんを迎えたら・・・

 元気に長生きしてほしいですね。そのために必要なことをお話しします。

まずは、病院から是非おすすめしたい健康への第一歩、”予防とケア”です。

 メニュー  ●主な目的と★方法  重要度
・混合ワクチン
 (予防接種)

●ウイルス性伝染病から身を守ります。いずれも感染・発症すると致命的な怖い病気です。相手は見えない病原体です。飼い主さんが何処かから持ち帰ってうつしてしまうこともあります。お外に行かない子でも定期的に予防してあげましょう。

 3種ワクチン(カリシ、ヘルペス、パルボ・ウイルスの予防注射)が基本ですが、お外に行く猫ちゃんの場合は、さらに猫白血病・猫エイズのワクチン接種もおすすめします。

★子猫や初めての接種の場合は、確実な予防効果を得るために初年度2〜3回接種、それ以降成猫では年1回の接種をおすすめしています。体調の良い時にお連れ下さい。
(※飼育環境により接種内容は変わってきます)


・ノミ/マダニ予防
●お散歩時など野外で感染することが多い外部寄生虫を予防・駆虫します。
草むらやよその動物などから感染します。ノミの場合は主に飼育環境内で繁殖します。一度家の中に持ち込んでしまうと真冬でも繁殖し続け駆虫が大変です。人も刺し吸血します。さまざまな病気を媒介します。

★月に1回、首の後ろに滴下するだけの簡単な予防薬があります。

・消化管内寄生虫
 駆虫

●おなかの中の寄生虫を駆除します。寄生虫の感染ルートは、母猫からの胎盤・乳汁感染、カエルやネズミ、魚や鳥などの捕食、他猫との接触、感染環境(土壌やトイレなど)への侵入、などが多いです。多くは猫ちゃんのお腹の中で卵を産み、数が増えると便中に出てくるようになります。ウンチの検査で検出します。人にうつる寄生虫もあります。

★検便で寄生虫の有無、種類を調べます。少量のウンチ(小指の先端程度)でよいので、乾燥しないようにラップなどにくるんでお持ちください。1回の検便ではわからないこともあります。子猫の時は1か月ごとに2〜3回。大人になってからも年に1回は調べてみましょう。お外に行く猫ちゃんは半年に1回の検便をおすすめします。
駆虫薬は、滴下タイプや内服薬、注射があります。

・避妊/去勢手術
●発情シーズンにともなう尿スプレーやケンカ・脱走・夜鳴きなどのトラブル対策に。女の子の早期避妊手術は、乳腺腫瘍、子宮・卵巣疾患の予防にもなります。子猫を望まないのであれば、一考の価値あり。


★雌動物なら卵巣や子宮を、雄動物なら精巣を摘出します。全身麻酔下での手術になります。手術は完全予約制です。

・日常ケア
●歯周病、毛球症など、日常のお手入れ不足が原因の病気を予防します。子猫の頃から歯磨き、爪切り、耳そうじ、ブラッシング、長毛種ならシャンプーなどに慣れさせておくことが大切です。生きている限りは欠かせない日々のお手入れです。ご自宅でもできます。適切な方法をご指導いたします。

★歯みがきは毎日できたら理想的ですね。毛玉のケアには毛量に合わせた適切なブラッシングと、毛球症予防のサプリメントをおすすめします。高齢の猫ちゃんは、耳掃除や爪切りも定期的にしてあげましょう。

・フィラリア予防
●フィラリアとは、蚊に刺されることで感染し心臓に寄生する長さ30cmくらいの寄生虫です。感染ネコちゃんに多い症状は、突然のショック死!最近では猫ちゃんでも感染率が高いことがわかってきました。蚊に刺される可能性のある子は予防をおすすめします。


★月1回、首の後ろに滴下するタイプのお薬があります。
 予防期間は毎年5月〜12月です。

    ○
・健康診断

●猫ちゃんも高齢期になると、いくつか罹患しやすい病気があります。腎臓病や糖尿病などが代表的なもので、血液検査や尿検査でわかります。早期発見・早期治療がその後の寿命を大きく左右します。日頃の様子をよくチェックして、変化が認められたら早めの受診を心がけてください。

★年に1回は健康チェックを。
 7歳を過ぎたら、尿検査、血液検査をおすすめします。

   ○