ノアは素直に鍼灸治療に反応してくれました。間もなく、明るい表情が戻り、食欲も増えました。ちょっとの段差も登れなかったのに、テーブルの上から盗み食いが出来るくらい元気になりました。歩くのがやっとだったのに、庭に自由にしておくと、いつまでも嬉しそうに歩き回っていました。

 また、ノアは冷えに弱く、冬になるとよく嘔吐する傾向がありました。もともと膵臓が弱く、初期の腎臓障害もありましたので、寒さの厳しい日は夜間の頻尿やおもらしが時折みられました。、冷えを改善するようなツボを取穴し、また漢方薬を併用することで、症状はかなり改善されていきました。不思議なことに、それまでなかなか治らず小康状態を保っていた肝炎が、スーッとよくなっていきました。

 その後、ノアは寿命を全うするまで一度も痛み止めのお世話になることはありませんでした。鍼灸療法は、彼女の不自由だった半生を大きく変えてくれたのです。

 私の愛犬ノアには、生まれつき「MDR1遺伝子欠損」がありました。これはコリー犬はじめ、シェルティーや一部の犬種に限って認められる形質です。MDR1遺伝子とは主に薬の代謝に関与する重要な遺伝子で、摂取した薬剤が副作用を起こさないように体内で解毒処理し、また脳神経のようなデリケートな組織に入り込まないように働く遺伝子です。

 ノアにはこの遺伝子が欠損していたため、獣医療で汎用する多くのお薬が使えませんでした。誤って使用してしまうと、嘔吐・下痢や痙攣発作〜昏睡、そして最悪の場合は死に至る、という本当に怖い、私から言わせれば獣医泣かせな、体質でした。

 副作用を引き起こす薬剤は、鎮痛剤、ステロイド剤、抗癌剤、強心剤、駆虫薬、一部の抗生物質、・・・など。そのために出来ない治療もありました。

 そんなノアも年をとり、11歳になったある日、突然震えて歩けなくなってしまいました。そういえば、ここ1年位前からベッドの上に乗らなくなりましたし、思いっきり走ることもなくなっていました。調べてみると「変形性脊椎症」という背骨の変形がありました。高齢の大型犬や肥満犬に発症しやすい病気です。変形した骨同士が擦れ合い、神経を圧迫して痛みを生じます。早速、消炎鎮痛剤を使用しました。副作用の有無がわからない薬も多いのでたいていは少ない量から試みます。ですが、まもなく激しい嘔吐と下痢に見舞われてしまいました。幸い痛みはひいてくれたのですが、決して気持ちの良い治療ではありません。鍼灸学校に入学したのは、ちょうどそんな時でした。
 

 ・・・実は、それよりもずっと以前から中医学や東洋医学には興味がありました。
先代のコリーも同様な体質で一般的な西洋医学の治療に限界を感じていたこともあります。また、大学時代、ホルモン剤も全く効かない子の繁殖能力が生薬で改善されたり、傷の治癒が早まったり、競走馬や乗馬が鍼治療や整体治療で元気になるのを目の当たりにし、動物の持つ不思議な力と、それを引き出す術の素晴らしさに感銘を受けたものでした。



 

鍼灸療法との出会い
 あらためて、動物たちの持つ「自己治癒力」の凄さを感じました。
治療は”木を見て、森を見ず”ではいけません。心も体もすべてはつながっています。
自身の持つ治癒力を最大限に生かしてあげる、その手助けをする!・・・これこそが治療の真髄ではないでしょうか。

 もちろん、自己治癒力ですべての病気が治せるわけではありません。治らない病気もあります。持って生まれた生命力にもかなりの個体差があります。

 それでも、病気と共存しながらでも、毎日、ご飯を食べて元気に天寿を全うしてくれたら・・・・・。そんなことを考えながら治療をしています。少しでもそのお手伝いが出来ましたら幸いです。